大人も子供も歯ぎしりの原因はストレス?直し方(改善&対策方法)のおすすめはマウスピース?

歯ぎしりの原因はストレスが関係している

大人の歯ぎしりと子供の歯ぎしりの違いとしては成長過程であるということです。

ですが大人も子供も『ストレス』が原因となって歯ぎしりをするということも相当にあるみたいです。

子供の歯ぎしりは成長している証拠ってほんと?

よく夜中に「不思議な音」で目覚めた事ありませんか?

その不思議な音の正体とは・・・子供の歯ぎしりです。

私はその子供の歯ぎしりが「たくあん」を噛んでいるような音に聞こえるのですが・・・皆さんはどうでしょう?

歯ぎしりの原因はストレスなの?

で思わず子供の身体をゆすってみたり、覗き込んでみたり、歯ぎしりはストレスが原因になっているとも言いますので・・・そのストレスの原因は自分ではないだろうか?などと・・・辺に勘ぐったりしてしまい・・・あれこれ考えてしまって眠れなくなったりしたことも・・・あるのですが。

まぁ確かにストレスが原因で一時的に歯ぎしりということもあると思います。

歯の生え変わり時期にあるお子さんの場合は大抵が「成長過程あるある」なことで、知らず知らずのうちに、歯ぎしりすることで、嚙み合わせのバランスをとろうとしていたり、成長に必要な行為なので、生え変わりが終わる頃には、歯ぎしりも終わると考えて大丈夫だと思います。

大人の場合は、歯ぎしりから他のトラブルも・・・

家族と暮らしていると、自分が気づいていなくても「昨日すごく歯ぎしりしてたよ!」なんて嬉しくない指摘を受けることができます。

ですが、一人暮らしの方ですと、自分自身が「歯ぎしり」をしているこさえ気づかず、歯ぎしりとは別の何かが原因で歯医者さんにいって初めて知るなんてこともあります。

ひどい歯ぎしりをされている方は、お口の中を見ればすぐにわかるものです。

大人の歯ぎしりの原因として、一番にあげられるのは、やはりストレスでしょうね。

そして、物理的には、詰め物や被せたものの高さがあっていないことや、単にかみ合わせがあっていないとか、他には、胃のトラブルを抱えている方もそうらしいです。

胃酸を抑えるために=歯ぎしりをしてしまうみたいですね。

大人の場合・・・「歯ぎしり」をする原因が多すぎて・・・究明するのには、中々時間がかかりそうです。

歯ぎしりは放置しておいても大丈夫?

・・・基本的には放置しておくというのはおすすめできません^^;

やっぱりお口の中の違う場所に支障をきたす前に改善するにこしたことはないでしょうね。

歯ぎしりという行為は、あなたが思っている(想像)以上の力が歯や顎に加わっています。

そのせいで、歯が欠けたり&折れたり、とそこまでいかなくても、エナメル質がすり減り知覚過敏になってしまったりする危険性”リスク”があります。

朝起きて、顎が怠かったり、頭痛がしたり、それも歯ぎしりや、必要以上に歯を食いしばってしまっていたりすることで、起こっている可能性があるので、何か少しでも症状を感じたら、歯医者さんに相談してみましょう。

歯ぎしりの直し方(改善&解消対策方法)とは?

歯ぎしりの改善&解消対策方法としては、歯医者さんで就寝用のマウスピースを作ってもらうことも可能ですし、また詰め物の高さが原因の場合は、調節してもらうことも可能です。

とにかく何か違和感があるといった際には専門家の協力を得て原因を究明するとが、先決だと思います。

何事も早いに越したことはありませんし、手遅れになってからでは・・・と思いますので、何か気になるところがあれば是非ともおすすめ致します。